「第14回ふくしまつり」に参加しました。

2009年6月15日 01時35分 | カテゴリー: 活動報告

たすけあいの街づくりを広めましょう

毎年恒例となっている「ふくしまつり」が、6月7日(日)午前10時30分より午後2時まで、中山駅北第一公園で開催されました。
「ふくしまつり」は福祉クラブ生協(生活クラブ運動グループ)が主催するチャリティイベントです。ふくしまつりの開催主旨とは、『「福祉」を特別なことと考えるのではなく、「いつでも・どこでも・だれでも」できるチャリティを通して、福祉のまちづくりを進めていき(生き)ましょう、大ぜいの仲間で地域の「たすけあい」を広げていきましょう』というものです。
*毎年チャリティによる収益は福祉車両(車椅子対応車や回転シートで乗り降りが楽な車)の購入に充てられています。

緑ネットもこの「開催主旨」に賛同し、このまつりに参加しています。今年は平田牧場(山形県産)の豚肉を使っての「豚の串焼き」、「豚汁」の模擬店を出店、合わせて私たちの活動をアピールしました。
現在、展開中の「地方議会の議員年金制度を廃止」の署名活動も同時に行いました。たくさんの方の賛同を得ることが出来ました。

「まつり」では障がいを持った子供たちの太鼓演奏、ダンスやご年配の方々の爽やかなフラダンスが賑やかしに花を添えてくれ、とても楽しいひと時が繰り広げられました。
初めて会う方とも身近に話が出来、いろいろな参加団体の方とも情報交換を行えました。
単なる「祭り」ではなく、参加者が一体となった開催主旨に沿った「まつり」を実感できたと考えます。

私たち市民にとって安心して暮らしていくためには、地域の中でふれあいのあるコミュニティ社会が築かれることが必要と考えます。社会制度、システムも必要ですが、それ以上に「たすけあい」の心、精神が大切です。日常の中の人と人の互いが支え、さりげなく気遣い合う関係性が大事です。
緑ネットでは高齢者、障がい者、子育て中のお母さんたち等を含めた生活に密着した視点から活動を今後も取り組んでいきます。「生活者政治」を目指して。

神奈川ネットワーク運動・緑ネット
代表    熊谷暁